« キャストの仕事 | トップページ | 現実は夢の終わりに »

掃除機がパークを覆うのか

カストーディアルといえば、トイブルーム(ほうき)とダストパン(ちりとり)で掃除をするのが基本であった。
しかし、とうとう、今日から機械化されることになった。

Custo17


Custo20

最先端の屋外用掃除機を導入することで、キャスト不足にともない混雑時に汚れたままとなっている地面をきれいな状態で維持するとともに、さらに人件費等のコストダウンを行い、キャッシュフローの充実につなげるつもりである。

……無理矢理の4月1日企画です。
掃除機を本格的に導入する予定など、たぶんないです。
画像は、かなり昔に試験的に導入したときのもの。

トイブルームとダストパンを使った掃除はカストーディアルのいわばパフォーマンスであり、しばらくはなくなることもない。
掃除機の導入も費用対効果の問題や、使い勝手、さらに安全性の視点から結局は導入されないまま、今日まできているのが現状である。

しかし、「ディズニーランドは永遠に完成しない」といわれているように技術革新にともない、さまざまなものが新しくなっている。カストーディアルの清掃道具もいずれハンディ掃除機になるかもしれない。

でも、それでは、つまらないですよ。そういう意味でカストーディアルは今後も「掃除」のパフォーマーであってほしいものである。


|

« キャストの仕事 | トップページ | 現実は夢の終わりに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33048/61373196

この記事へのトラックバック一覧です: 掃除機がパークを覆うのか:

« キャストの仕事 | トップページ | 現実は夢の終わりに »