« 「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた | トップページ | 廃棄物を減らすために »

カストーディアルとしてデビューするあなたへ その2

春は新人キャストが沢山デビューする季節である。
以前、「カストーディアルとしてデビューするあなたへ」で、細かいことは書いているので、今回はその補足をしたい。

昨今のカストーディアルは落ち葉や水たまりの水をつかって絵をかいたり、パレード前のパフォーマンスなどで注目を浴びている。

しかしそれは、カストーディアルの余技でしかない。本来の仕事は掃除であることを、これから目指す人、あるいはこれから働く、あるいは働き始めた人は理解しないといけない。実際、絵を描いたり、パフォーマンスをする人は、ある程度のベテランであり、新人にとっては無縁なことなのである。

掃除をする人を演じているとか、歩くインフォメーション、といわれても、掃除をする人であることは理解しないといけない。
掃除をするということは、まさしく夢と魔法の王国や冒険とイマジネーションの海という非現実世界の中で、常に現実と向き合うということである。
それはトラッシュカン(ゴミ箱)の中身やトイレでのさまざまなアクシデント(謎)、あるいは気分が悪くなった人の残骸など、それと笑顔で接しないといけない、過酷な仕事であるということは事実である。

だが、そんなことがあっても、多くのカストーディアルキャストは笑顔を忘れずに仕事をしているのである。それはきっと、働き続けているうちに、どこに魔法の素があるのか、わかるときがくるだろう。そこに気が付かない人、あるいは理解できない人は、きっとつらい仕事であり、長くは続けられないのだ。

……働かないとわからないのですか、という方に紹介するのが今回の本。「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」という物語を書いた著者が今度はビジネス本を出版しました。

この方はTDL開園からカストーディアルのスーパーバイザーを務め、カストーディアル課長を歴任、最後はキャスト全体の教育責任者となった方です。
この本には、今まで出版されている「ディズニー本」とは違う、まさしくキャスト教育に携わった人だからこそ書ける話が満載されています。その多くはカストーディアルの視点です。
そして、いくつかの部分については、残念ながら現在のTDRには当てはまらない部分もあります。昔と何が変わってしまったのかを比べるうえでも重要な本といえるでしょう。
そのうち、あらためて評論を書きたいと思いますが、まずはご紹介まで。

|

« 「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた | トップページ | 廃棄物を減らすために »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カストーディアルとしてデビューするあなたへ その2:

« 「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた | トップページ | 廃棄物を減らすために »