« 案外出費が多いカストーディアル | トップページ | トイブルームとダストパン »

カストーディアルとしてデビューするあなたへ その1

この春から、カストーディアルとしてデビューする人も多いはずだ。
そこで、まだデビューしていない人のためのアドバイスをいくつか書いていきます。

●日焼け止め
パーク内は雨の日でも、実は照り返しがつよく紫外線対策は必須です。日焼けを気にする人はどんなに天気が悪くても、きちんとケアを忘れないようにしましょう。

●靴擦れ
カストーディアルと男も女も革靴で歩き回ります。そのため、靴擦れを起こす可能性が高いです。
最近は靴擦れのケア商品もあるので、靴擦れしやすい人は注意してください。

●手のまめ
手……足もそうですが、トイブルームとダストパンをもっているうちに、手まめができてしまいます。とくに手の皮が薄い人は注意してください。バンドエードなどをもっていたほうがいいでしょう。もちろん、ストレッジにもありますけどね。

●小さなバッグ
ロッカーのあるところから、実際に働く場所までは距離があります。必要なものは持っていくわけですが、ポーチなど小さなバッグがあるといいでしょう。あまり大きなものはだめです。また、キャラクターが入ったものもNGなので、注意してください。

●ペン
ペンはわりと使いますので、必ず持っていてください。こちらも基本的にはキャラクター入りはNGです。

……持ち物関係はこんなところでしょう。
続いて初日の話。

●トイレの場所を覚えよう
配属されるエリアがわかったら、トイレやたばこ、電池の販売場所、どの店に何を売っているのか、覚えておきましょう。働いているうちに、いろいろと覚えていくとは思いますが、一番よく聴かれるのが、トイレとたばこや電池の場所です。あとは喫煙場所。早い段階で覚えておいたほうが、あとで楽です。

●パーク内のことを覚えよう
あんまり遊びに行ったことがなく、パーク内のことをよくわからない人はアトラクションやお店の名前を覚えるようにしましょう。
あとは、ベビー用品とか、香水やガラス製品など、特定の店でしか売っていない商品のことを覚えておくのもいいでしょう。
「ラーメン食べたい」とか、食べ物のことも訊かれるので、知っておいたほうがいいですね。
基本的には、先輩からよく訊かれる質問について、レクチャーがあると思うし、そんなことをブレイクの時間などに訊いてみるのもいいでしょうね。

●質問には丁寧に
ゲストからはいろんなことが質問されます。
新人なのですからわからないことばかりです。
場所を聞かれたらマップできちんと確認して、答えられないことがあったら……近くに他のキャストがいたらその人をつかまえて一緒に聞きましょう。
場所とか、主な商品の売っている場所はきっと配布される資料に書いているはずです。
説明しにくい場所だったら、「~のあたりにあります。わかりにくいところなので、そのあたりで、おそれいりますが、もう一度キャストにたずねていただければ……」という答えもありです。

……あとは、ほかのキャストとの関係について。

●あいさつ
キャストとすれちがうとき「おつかれさまです」というのが、礼儀です。カスト以外の違う職種の人でもそうです。といっても、相手が返してくれるとは限らないんですが……最初のうちはいえないかもしれませんが、少なくとも、いわれたときに、おなじように「おつかれさまです」と返すようにしましょう。

●ブレイク
休憩時間、ブレイクエリアに行って休憩します。ほかの職種の人もいますが、基本的にはそれぞれの職種ごとに固まっています。社員や先輩たちといしっょにお茶などを飲みながら過ごすことになるので、そこでいろいろと話を聞くのもいいでしょう。そういう場で親しくなっていきます。

●エリアでの立ち話
オンステージで、同僚や同期の人とお話をすることがあります。コミュニケーションや仕事の打ち合わせもあるので必要なのですが、ゲストから見ると、どうでしょう。
先輩などいろいろと聞いてください、とは書きましたが、一方でオンステージでの会話は、ゲストから見るとあまりよい感じには見えないので、なるべく短くお話をしましょう。
みっちりと訊きたい場合はバックステージか、仕事以外のときに。

……新人だからといって、ゲストからみれば同じキャストです。だから、何かを聞かれたとき、胸を張って、どうどうと対応しましょう。

以上、カストーディアルとなる新人の方への助言です。

エリアデビューし、初めて一つのエリアを任されたとき、だいたいの人は途方に暮れるはずです。新人にはとても広く見える自分ひとりの持ち場。そこをトイブルームとダストパンを持って、一人でうろうろしながら、ゲストに声をかけられたらどうしよう……みんな最初はおなじです。でも、一ヶ月くらい続ければ、もう立派なキャストとなっているでしょう。

ほかにももっと知りたいことがあるとは思いますが、これ以上はバッドショーなので(もう十分か)
きっと、わからないことだらけでしょうが、遠慮せずに先輩などにわからないことは訊いてください。
ここでいろいろと書きましたが、先輩に聞くのが一番です。

ネットや噂話に惑わされないでください。
先輩に聞くのが正しいんです。

最後に、デビューに不安な新人のみなさん、よろしければ、こちらをごらんださい。
笑い話ですので、他意はありませんけど。

|

« 案外出費が多いカストーディアル | トップページ | トイブルームとダストパン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33048/40524352

この記事へのトラックバック一覧です: カストーディアルとしてデビューするあなたへ その1:

« 案外出費が多いカストーディアル | トップページ | トイブルームとダストパン »