« パークのおしごと わくワーク | トップページ | 本当の清掃の価値を知っているのは »

プッシュブルームの技 その1

Custo13
プッシュブルームとは、デッキブラシに似ているが、穂の部分が1メートル近くもあるのが特徴である。
この道具は、広範囲に広がったごみを集めたり、水たまりの水を散らすときに使われる。
プッシュブルームはスイーピングだけではどうにもならないほどごみが散らかったとき、バックステージ等からプッシュブルームを取り出して臨時に使う。
それ以外では、パレードやショー終了後に、客席を一気に清掃するときに、プッシュブルーム専用のキャストが投入される。
または、エリアがかなり汚れているときは、プッシュブルーム担当とスイーパーをセットにしたチームを編成し、全エリアを移動しながら、汚れている部分を中心に対応する。
……などというプッシュブルームについては、こちらでご確認いただくとして。

ここでは、プッシュブルームの技について解説します。

1.基本
プッシュブルームは前方に押し出しながらごみを集めていくことが基本である。地面にブラシ部分をつけなから引いてはいけない。
・柄の先端はきちんと手でつつみ、もう片方の手を柄の真ん中あたりを持つ。
・片方の足を一歩踏み出す。
・プッシュブルームを腰を入れるようにしながら前に押し出す。
・地面から少し浮かすような気持でプッシュブルームを自分の方に引き、また押し出す。これを繰り返す。
※プッシュブルームはふつうのデッキブラシよりもブラシの部分が大きいため、慣れていない新人が使うと、ブラシ部分がきちんと地面に接着していないため、ごみが残ってしまう。これを「プッシュが浮く」という。そうしないためには、適度に体重をブラシ部分にかけるつもりで、前方に押し出すことが大切である。最初は意識してやらないと難しいかもしれないが、慣れれば軽々と扱えるようになる。

2.すばやく動かそう
最近のパーク内では、プッシュブルームを素早く動かすような人をあまり見かけませんが、すばやい動きで魅せることができます。ただし、周囲のゲストには注意をすること、体力をかなり消耗することに留意してください。

●手の動き
すばやく動かすにはもちろんプッシュブルーム自体をすばやく動かす必要がある。ただ、わりと重いので、意識して「動かす」ことを忘れないこと。

●軽やかなステップ
片足を前に出して押し出すのが基本系だが、すばやく動かすには、引くときに足も引き、押し出すときに足も前に出すように、軽くステップを踏むような勢いで操作する。そうすれば、周りからの見た目も、かっこよく見える、はず。

●腰を回す
プッシュブルームをすばやく動かしながら軽くステップをしつつ、腰をまわすようにして押し出す。腰を回すことを意識しながらプッシュブルームを押し出すのがポイントである。
……これらを組み合わせながらプッシュブルームを使うことで、緩慢ではない奇麗な動作をゲストにみせることができる。とくに、広範囲で使用する場合は、これらの動きをしつつ、すばやく次のポイントに移動することで、さらに動きのかっこよさは増す。
ただし、体力の消耗も激しいので推奨はしません。

3.プッシュブルームの技
●回転収束(勝手につけた名前です)
広範囲に広がったゴミをキャストが自らまわりながら円を描くように中心にゴミを集めていく技。周囲にゲストがいないことを確認しないと危険である。動きがかっこよく見えるだけではなく、広範囲に散らばったごみを素早く効率的に集めることができる。

●片寄(勝手につけた名前です)
狭い範囲……プッシュブルームのブラシ部分の長さの範囲以下で散らばっている場合、人は動かず、プッシュブルームを通常よりも角度をつけて持ち、人を軸にしてプッシュブルームをその場でまわすようにしてごみを集める。これも周囲のゲストに目を配って行なうこと。

●一人プッシュ
やってはいけないといわれつつ、ついついやってしまう定番。技ではないけれど、コツはこまめに行うのではなく、ある程度短い時間に一気にごみを集めて、どこか端の方に溜めること。こまめにプッシュブルームで集めて、トイブルームに持ちかえてごみを取り、また……ということをこまめに行なうと、かっこよくないですし、効率的でもない。一方でその場所だけにずっといると、ほかの場所が大変なことになっているわけなので、すばやい対応が大切である。もともと1人プッシュ自体があまりよいものではないので。

●力入れ。
地面が新しく塗り替えられた時(前はよくあったのに最近はあんまりないな)地面には砂がよく溜まる。これをプッシュブルームで処理するのだが、ふつうに使うと砂はきれいにとれない。また、ウェスタンランドとプラザに架かる橋など地面が木製の場合、ポップコーンがこびりついて、とりにくいときがある。
そのときはプッシュブルームを正面に持つ。片手は柄を覆うように、もう片方の手もくっつけて持つ。通常よりも角度をつけて、ブラシを地面に押しつけるように意識しながら押し出す。それも前にずっと押し出すのではなく、押しつけて押しつけて少しずつ前に進んでいく。これによってめいいっぱい地面に力を入れ、取りにくいごみを押し出していくのである。

●押し起こし
地面になんらかの理由で落ちてしまったプッシュブルームを手を使わずに立たせる方法である。ブラシの部分に足を置き、少し押し出すように力を入れると、プッシュブルームが起き上がるので、その柄をきちんと手でキャッチする。ただし、キャッチしそこねると、そのままひっくり返って、地面にぶつかり、木の高い打ち音がエリアに響くことになるので注意。

(これくらいしか技を思い浮かばなかったので、ほかに知っている方、教えてください)

プッシュブルームを使う姿が緩慢だと、ゲストから見ると、やる気がないように見えてしまう。もちろん、実際は重いし、動かしづらいので「そんな簡単じゃないよ」というのは、百も承知だが、すばやいプッシュブルームの動きというものも、たまには見てみたいものである。
※最近見かけない理由の一つはゲストが多すぎて、オーバーアクションでできない、というのはわかった上での記述ですので。

■追記
プッシュブルームは落ち葉を集める作業には、くま手竹箒よりもずっと便利です。少ない労力で広範囲のごみを集められます。似たようなものはあちこちで販売されているので、一般の方にもおすすめな道具です。アメリカではよく見かけるんですが、なぜ日本では普及しないのでしょうね。

|

« パークのおしごと わくワーク | トップページ | 本当の清掃の価値を知っているのは »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プッシュブルームの技 その1:

« パークのおしごと わくワーク | トップページ | 本当の清掃の価値を知っているのは »