« どこまで売るのか | トップページ | プッシュブルームの技 その1 »

パークのおしごと わくワーク

「ディズニータイム」という番組をご存知か。テレビ東京系列で朝、放映されている番組だ。ディズニーアニメの番組、と思ったら大間違い。アニメだけではなく、ディズニーに冠するさまざまな情報をよゐこの濱口と2人の女の子が紹介するのだ。もちろんパーク情報も盛りだくさん。
……といっても、所詮スポンサーが某テーマパークリゾートなので、大本営発表とほぼ同じだ。

しかしである。
2008年1月から、キャストの仕事紹介を始めたのだ。その第一回目が、カストーディアル。

くわしくはこちら
※バックナンバーからカストーディアルを選んでね。

リンクが切れてしまうかもしれないので、解説する。

今回取り上げたカストーディアルは、東京ディズニーシーのキャストだった。そこで、男性のカストーディアルキャストが自分の仕事について説明する。

【カストーディアルのおしごと】
ごみを掃いたり、ゴミ箱のゴミを回収したり、パークを楽しくきれいにしている。
背景にスイーピングやトラッシュダンピングの映像が流れる。

その説明に、濱口は
「きれいにはわかりますが、楽しくというのは、どういうことですか?」
と訊く。

そこで、たとえとして、落ちているゴミを歩きながら足と足の間を通すように掃く技を見せる。
驚く濱口に、男性キャストは自慢げにいう。
「ちょっとしたパフォーマンスをしながら、きれいにすることもあるんですよ」

続いて、地面に落ちている紙コップの丸いカバーを、ダストパンだけ使って取る技を見せる。
※ちなみに、この技は、カバーのぎりぎり端のところにダストパンを置くのがポイントだ。うまくいかなければ、地面に置くときに、心持ち、ダストパンを引くのである。ところで、これが、濱口の質問の答えになっているのか?

次に、バッシングをしている女性キャストに濱口は声をかける。

「腰にぶら下げている青い袋はなんですか?」

「これはファンバッグといって、仕事に使う道具が入っている」

見せてくださいといったら、笑顔ではい、わかりましたといって、テーブルの上に広げ始めた。
※私がパークでお願いしても、同じ対応してくれるかなぁ。

ファンバッグの中には、ガイドブック、茶色いごみ袋、ペーパータオル、ガムスクレーパーが入っていた。
※ちなみに、今のガムスクレーパーは白い正方形のプラスチックタイプだが、昔はステンレス製で刃を出すように使うかっこいいやつだったんです。

ここではガムスクレーパーとペーパータオルの説明をする。

「こぼれたジュースなどを拭くときに使うんです。たとえばこんなふうに使います」

そういって、濡れた地面にペーパータオルを広げてかけ、足で拭き出した。

「こらこら、足で拭いている。お行儀悪いぞ」と怒る濱口。

これにはわけがあるというキャスト。
「ゲストから見えるように立って拭くことで、ぶつかる等のアクシデントを防いでいる」

ゲストへの心遣いなんやな、と感心する濱口。

最後に、カストーディアルキャストの仕事をしていてワクワクすることは何ですか、と濱口は訊いた。

女性キャストはいう。
「皆さんが楽しく安全に遊べるように、パークの中を掃除することです」

最後にごみをチリトリで固めて、ダストパンを蹴り上げてごみをとる技を見せて終わる。
※あれ、それって禁じ技ではなかったか。

……オフィシャルな情報として、ここまで解説してくれれば、もうこのブログやサイトもいらないな、というほど、仕事としては短い時間でよく見せたと思う。

しかしである。
最初と最後に主張した「ごみを掃いたり、ゴミ箱のゴミを回収したり、パークを楽しくきれいにしている」という解説と映像が合っていないように思えた。技をすることが、楽しくきれいにしているということを言いたかったのか。
「ごみを掃いたり、ゴミ箱のゴミを回収したり、パークをきれいにしている」でいいのではないのか。
そもそも楽しくというのは、「パークを、キャストが楽しくきれいにしている」という意味なのか。「ゲストのためにパークを楽しくきれいにしている」という意味なのか。映像を見ると「パークを、キャストが楽しく」のように見えるのだが、最後に「皆さんが楽しく安全に遊べるように、パークの中を掃除することです」というから、どっちなのだろうと、悩んでしまう。

だが、私は思う。
本当はカストーディアルの仕事は、

「皆さんが楽しく安全に遊べるように、パークの中を掃除すること」
であり、
ワクワクすることが、
「ごみを掃いたり、ゴミ箱のゴミを回収したり、パークを楽しくきれいにしている」
ことなのではないだろうか。

さあ、みなさんはどうでしょう?

|

« どこまで売るのか | トップページ | プッシュブルームの技 その1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パークのおしごと わくワーク:

« どこまで売るのか | トップページ | プッシュブルームの技 その1 »