« 幻のスクイジー先導 | トップページ | 株主通信の中のカストーディアル »

カストーディアルの技 その1

カストーディアルといえば「技」。あえて避けてきた話題ですが、このたびベテランの元キャストの方からの情報提供受けて、少しだけ書いていこうと思う。今回書くのは、トイブルームとダストパンを使った大技系です。
……大技だけあって、現在パーク内ではほとんど見れないものばかりですので、カストーディアルの人にせがんだりしないでくださいね。
(文章で書くのでわかりにくいのですが、知らない人は想像力をはばたかせて、知っている人は懐かしく思い出しながら読んでください)

●レシート浮かし
落ちてるレシートをトイブルームの穂先、幅の広い面で軽く叩くとレシートがトイブルームに吸い寄せられるように舞い上がる。これをうまく浮かせながらトイブルームでダストパンに誘導する。応用としては、トラッシュカンへ誘導することもできる。

●たばこの吸殻
タバコの吸殻が落ちているとき、たばこのフィルター部分をダストパンの口の先で抑えるようにおくと、吸殻はそのままダストパンの中に入っていく。

●トイブルーム飛ばし技(その1)
今では見かけない、というか禁じ手となったようだが、ゲストに写真撮影を依頼されたとき、周囲にダストパンとトイブルを立て掛ける場所がない場合、「人」みたいな形でダストパンにトイブルームをたてかける方法があった。
写真撮影後、普通はダストパンとトイブルームを両手で持って、何事もなかったようにスイーピングをするのだが、左手だけでダストパンとトイブルームの柄を同時に掴み、強く握るとトイブルがダストパンの柄と当たってる所を支点にして上の方に跳ね上がる。
うまくいけば、トイブルームは3メートル近くも跳ね上がるので、それを右手でキャッチする。

●トイブルーム飛ばし技(その2)
トイブルームの穂先を手首のスナップをきかせて地面に叩きつける。すると、反動でトイブルームが回転しながら跳ね上がるので、それをキャッチする。

●トイブルーム拾い(その1)
たまにトイブルームを地面に落としてしまうときがある。それを拾うときに穂先を左足で踏み、右足は柄と地面の間に挟みこんで軽くあげると、柄があがるので、それをつかむ。

●トイブルーム拾い(その2)
穂先を左足で踏み、右足かかと部分、靴に柄をかける。左足をはずして、慎重に、そして一気に右足をうしろにふりあげる。すると、トイブルームは空中に飛ぶので、それをキャッチ。うまくやれば、トイブルームはきれいに回転しながら飛びます。

●トイブルーム拾い(その3)
落ちたトイブルームの柄の方をダストパンにいれ、そして、一気にダストパンを蹴りあげる。トイブルームが飛ぶので、それをキャッチ。ただし、うまくやらないと、水平に飛んでいってしまうので注意。

……今回、トイブルームの飛ばし技をたくさん書きましたが、もちろん現在はすべてオンステージでは使用禁止の技です。よいこの現役カストーディアルは、バックステージで試してみましょう。(昔も禁止、だったかな)

もちろん、技というのはたくさんある。今回はその一部、それも文章にしやすいもの紹介したが、機会があれば今後もたまに紹介していきたい。
こういうところででも紹介しないと、技はどんどん消えていくだろう。規制がきびしいこともあるし、技を知っているベテランがどんどんいなくなっている状況もある。
また、鉄製のダストパンにくらべると、プラスチックのダストパンは、技をするうえでは使い勝手がよくないので、自然と使えるものも少なくなるのだ。

技の伝承、といったら大げさだが、私のサイトの目的のひとつでもあるので、なんとかしたいと思う。

……今回は元ベテランキャストのBUNNYさんからの情報提供を元に書かせていただきました。技の画像や動画、解説文章など、みなさまの情報提供お待ちしています♪

|

« 幻のスクイジー先導 | トップページ | 株主通信の中のカストーディアル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33048/5331065

この記事へのトラックバック一覧です: カストーディアルの技 その1:

» なつかしいカスト技 [夢と魔法の王国!?]
カストーディアルを経験したことのある人なら、誰もが挑戦したことがあるでしょう。 レシート浮かし、タバコの吸殻はよくやっていました。 トイブルーム飛ばし・拾い系は、オンステージでは、やりませんでしたがバックステージではよくやっていました。 今も技を使っている人はいるんですかねぇ? バッドショーギリギリの技を見てみたいものです。... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 20:45

« 幻のスクイジー先導 | トップページ | 株主通信の中のカストーディアル »